スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の締め!おじさん1頭deつくばお散歩会 【おさらい編】

クリスマスイブ、我が家の予定は…

今年最後のつくばお散歩会♪

参加犬は…

ミツバちゃん (雑種犬1歳)

小夏ちゃん (雑種犬1歳)

さらさちゃん (コーギー)

コタロー君 (柴犬3歳)

あんずちゃん (柴犬3歳)

カンスケ君 (柴犬4歳)

と、今回は小助おじさん1頭。



今回は、タローの主さんのご提案&ご指導の下、皆様にご協力頂き、集合前に小助の挨拶吠えに対する検証&実践をさせて頂きました。



≪小助の吠え吠えメモリー≫

ここいらで小助の挨拶吠えについてじっくりとおさらい(笑)年末だしね(関係ない!?)


【小助の吠えの特徴】

根がビビりなのに強がりでプライドが高い小助。

気になる物はとりあえず確認しないと落着けない。特に同族である犬!!

しかし、オンリード状態では自由に確認できない…で、興奮し吠える。

吠えても、臭いを嗅ぐなど、直接確認できれば①もうどうでもいい~②とりあえず文句を言っておく!のどちらかとなり、落ち着きます。

ただし、普段こちらから近付くことはしませんので、これはごく稀にいる、吠えにも負けずに近付いてくる犬&飼い主さん限定ですね(^^;

あとは、お散歩会のように、吠えつつ様子をしばらく確認したり、一緒に散策し始めたりなどして脅威ではない&仲間認識が済めば落ち着きます。

簡単に言えば、「最初だけ威勢がいい」感じで、前後のギャップはお見事です。

ちなみによーく知っている子、ってか好きな子?であれば、最初から歓迎モードです(笑)

そしてランなど、フリー時には基本吠えず、一応確認だけして、好きな子にはうふふ~♪とやって、後は基本我関せず…

という感じ。


【吠えのきっかけ】

吠えるようになったきっかけ…ですが、なんとわかりません(--;

親元から家に来て初めて散歩に出て初めて犬を見た時に初めて吠えました。

で、「吠え」のきっかけは不明ながらも、「狂ったようにパニック吠え」になったきっかけには大いに心当たりが(汗)


【パニック吠えになるきっかけ】

その1:まず、ここから私の対処がまずかったこと。

吠えたことに驚き、焦りまくり、その後散歩時には犬と会わないよう会わないよう…逃げ逃げ…

吠え吠えになると私がパニック!!


その2:さらに、「吠えるのは脚側歩行できてないから」とか、「リーダーになれ」だのという意見を鵜呑みにし、「自由にさせてはいけない」と思い込み、常にリードで必死に制御しようとリードが張りまくりのお散歩、そしてスリップリードでの脚側トレーニング…などなどをしてました。

いわゆる“リードストレス”がものすごかったわけです(汗)

で、小助は根はビビり~なので、確認しに近づきたいけど、もし吠えられたり、何かあったら即逃げたい派。

でも、リードストレスかかりまくりの、全然自由にできない状態で、「確認できない」わ「逃げられない」わでもうパニックパニックパニック~~~!!!で、肝心の私もパニックなので全く頼れない(--;

その結果、オンリード時に犬と遭遇時、「狂ったようにパニック吠え」の出来上がり。


【脚側トレーニング】

スリップリードのトレーニングで一時は吠えなくなった、というより、力ずくならぬリードずくで「吠えさせない」ことに成功した時期がありました。

一見すると、脚側で歩いていて吠えなくて、「お利口~♪」

…が、小助はもちろん私もそれはそれはお散歩が楽しくなく…

「犬の自由にさせるな」という主旨のトレーニングだったので、お散歩だけでなく生活全体がどよーーーん…。


【方向転換と小助の変化】

「何か違うだろ…?」って迷いもあり、結局元に戻りつつあった時期に、お散歩会に参加させて頂くようになり、お散歩会や色々な方のブログなどなどで勉強させて頂き…

「こっちだーーー!!!」

ってのを発見&確認?

で、「犬らしく、小助(紅緒)らしく、楽し~い♪お散歩」をモットーに掲げつつダッシュ上等!!ワイルド上等!!な感じで(笑)現在に至ります。

リードはゆるゆるで、「じっくり臭い嗅ぎ・時々小走り派」な小助なので、散歩時にリードが張ることはほとんどありません。(ちなみに紅緒は「基本ダッシュ・さらっと臭い嗅ぎ・時々穴掘り派」爆)


お散歩会初参加から1年以上経ち、お誕生日の記事でもちょっと触れましたが、最近ではかなり変化…進化!?があります。

最近ではなんと、お散歩時に犬と遭遇・すれ違いでも、ある程度の距離であれば「吠えない」ことが多くなりました。

一時期のリードずくで「吠えさせない」ではなく、自然な「吠えない」。

もちろん気にはなってて、興奮してちょっと唸ったりはするし、一声二声吠えることもあります。

…が、以前の犬を見つけたら「狂ったようにパニック吠え」からしたらかなりの落ち着きぶり。

さらに以前は、吠え吠えの時には当然私の声・介入なんぞ全く届かず、我を忘れまくりでしたが、今は声が届く程度の興奮で、声をかけることでこっちに意識が向いて、落ち着くなんてこともあるようになりました。

もちろん、年齢的な(おじさんになった)要因もあるのかもですが、絶対にそれだけではないですね。



で、「吠えない」ことも多くなってきた小助ですが、至近距離はまだまだまだまだ厳しいし、目標は「スルー」。

無用な興奮をさせないで落ち着いてお散歩を楽しめるようにしたいと思ってます。

そこで今回は、どういった対処が小助を早く落着かせられるのか、ということを模索すべく、タローの主さんのご提案&ご指導の下、皆様にご協力頂き、集合前に小助の挨拶吠えに対する検証&実践をさせて頂いたわけです。



長くなったので…つづく!!
関連記事

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

オヤビン

Author:オヤビン
基本の登場人物

★オヤビン:人間。女子。ただただ犬が好き。笑顔全開で全力疾走する犬の姿が特に好き。色んな野望を計画中。

★小助:黒ピン。男子。小紅ーずの兄の方。根はビビり&甘えん坊のくせに強がり&プライドが高い。兄の威厳を示してみたいものの基本失敗。いじわるお、ちょうしのりお、等の別名を持つ。

★紅緒:チョコピン。女子。小紅ーずの妹の方。色んな意味で最強女子。ちゃっかりしてるようで実はうっかり。モットーは「ゴリ押し」。ハチャハチャワイルドな穴掘り隊長。手品ができる。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
訪問者数
参加してます♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
里親募集掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。